皮膚にでる一人暮らしで気になる野菜不足の症状って!?

皮膚にでる野菜不足の症状 野菜不足の症状

一人暮らしを始めると、こまかな家事や作業まで一人でやらなくてはいけなくて、ついつい食生活が雑になって野菜不足になってしまうことがあります。

体質や程度にもよりますが野菜不足になると、気になる症状が皮膚に出ることがあります。

症状が軽いうちに野菜不足のサインに気が付くことができれば、食生活の見直しのチャンスにできますよ。

皮膚に出てくる野菜不足の症状って?

野菜不足で皮膚に症状が

野菜にはビタミン類やミネラル分など、皮膚を正常な状態に保つのに必要な栄養素がバランスよく含まれています。

これらのバランスが崩れてしまうと、皮膚の異常となって現れてきます。

①肌荒れ

人間の皮膚は日々生まれ変わっていて、これをターンオーバーと言います。

スムーズなターンオーバーにはビタミンB群・亜鉛が必要で、野菜不足になるとこれらの栄養素が足りなくなってしまいます。

また、肌の乾燥を予防してカサカサ肌を防いでくれるビタミンC、血行を良くするビタミンEなど、野菜から得られる栄養素が欠けてくることで、肌荒れの症状を実感することになります。

②ニキビ・吹き出物・湿疹

肌を正常に保つのに欠かせないのがビタミンB群です。

野菜に多く含まれるビタミンB群が足りなくなってくると、皮脂分泌のバランスが崩れて肌が脂っぽくなりニキビ・吹き出物・湿疹の原因になります。

また、いわゆる「大人ニキビ」は肌の乾燥が原因。乾燥した肌は角質が厚く硬くなってしまい、毛穴に皮脂が詰まりやすい状態になってしまいます。

野菜不足から、肌の潤いを守るビタミンC不足になるとこれらの症状が現れてきます。

③頭皮のかゆみ・フケ

野菜不足になると、頭部の皮膚も荒れてきます。そのため、頭皮のかゆみやフケなどの症状がでることもあります。

頭皮の正常な生まれ変わりを助けるためにも野菜不足の解消は大切です。

野菜不足による腸内環境の悪化も肌荒れの原因に

野菜不足の解消

また野菜不足による食物繊維の不足は腸内環境の悪化(善玉菌が減って、悪玉菌が増える)の原因になります。腸内環境が悪化すると、腸内の腐敗物質(毒素)がうまく排出されずに残ってしまい、血液を介して皮膚を刺激し、肌荒れの原因になります。

一人暮らしで肌が荒れたと感じたときは?

野菜不足で皮膚に症状が出たときは?

「一人暮らしを始めたら肌が荒れた」とお悩みのときは、まずは野菜不足になってないか、食生活を点検してみましょう。

気が付いたら麺類やパンなどの炭水化物やお肉ばかり食べていて、野菜をあまり食べていない。ということになりがちなのが、一人暮らしの食生活です。